Webアンケートってなに?

Webアンケートは企業や自治体などが活用される

ウェブアンケートとは、オンライン上で作成されたアンケートです。
アンケートサイトでは、Webアンケートに回答すると、謝礼として様々な特典が用意されています。

ウェブ上には、数多くのアンケートサイトがあります。多くの場合、これらのアンケートサイトはリサーチ会社が運営しており、そこに調査をしたい企業や自治体、各種団体などが依頼主として現れると調査が実施されます。調査の結果、得られた回答は、依頼主が企業であれば商品開発や新サービスの拡充などに役立てられ、自治体であれば行政サービスの効率化などに利用されます。つまり、消費者や市民の声を自らの経営・運営に反映させようとするのです。

リサーチ会社の多くは、アンケートに回答してくれる「アンケートモニター」を募集しています。そして、企業や自治体から依頼を請けた際に、登録された性別や年齢、職業、居住エリアなどの情報から、そのアンケートに適したモニターを選び、回答を集めようとします。そして、得られた回答を整理、分析して、依頼主に報告するのです。

Webアンケートの仕組み

ウェブアンケートの仕組みを図にしてみると、次のようになります。

A.調査の依頼
企業や自治体などの依頼主がアンケート調査を行いたい内容をリサーチ会社に伝えます。過去の実績から、内容をリサーチ会社が提案することもあります。決定した内容でリサーチ会社はアンケートを作成し、自社サイトに用意します。

B.回答を依頼
自社が運営するアンケートサイトに事前登録したモニターの中から、調査に合った対象者を選択し、アンケートを依頼するメールを送ります。モニターの事前登録の際は、年齢、性別などほかに、「関心のある項目」などを選択する場合もあります。

C.回答
依頼を受けたモニターがアンケートに回答します。多くの場合、送られて来たメールに、URLが記載されています。また、調査を依頼した企業、自治体名や調査の目的などは明かされず、意図的な回答や片寄らない回答が求められます。

D.集計・分析
集まった回答をリサーチ会社がまとめ、依頼主に報告します。その際、モニターの個人情報などは除かれます。また、場合によっては集まった回答を分析し、そのレポートなども提出することもあります。

E.報告
報告を受けた依頼主は、そのデータを商品開発やサービスの拡充など、さまざまな形で活用します。

F.費用
費用をリサーチ会社に支払います。モニター数や回答内容によって費用は大きく変動します。

G.特典・謝礼など
モニターはアンケートサイトでポイントなどの謝礼(報酬)を受け取ります。アンケート回答直後に受け取るケースも多いようです。

このように、ウェブアンケートは、内容作成からウェブの準備、調査の実施、結果の集計・分析までをすべてリサーチ会社が行う仕組みになっています。

個人情報について

モニターになるためには、事前にアンケートサイトに登録する必要があります。特別な資格や条件は必要ありません。
また、登録の際は、メールアドレスなどの個人情報を入力する必要がありますが、リサーチ会社では、モニターの個人情報を厳重に管理していますので、依頼主への報告書に個人を特定する情報を記載する、または、名簿を渡す等ということは一切ありません。ですから、アンケートに回答したからといって、企業からの広告メールやダイレクトメールが届くといった心配はありません。

誰でも簡単に参加できる

Webアンケートは、パソコンやスマートフォンなどを使って回答するので、自分の好きな時間に、好きな場所で回答できます。ただし、アンケートに回答期間が決まっている場合が多いので、案内のメールを見逃してしまわないようにしましょう。